home    bio     recordings     calendar     pictures

composer    guest book     contact    links




Biography
(プロフィール)






1994年 渡米。
 
 
1996~2004年 ジャズの名門校、ノース・テキサス大学にて8年間にわたるジャズの修行をする。オーディションに通り奨学金を受ける。
ジャズ教育の第一人者のダン・ハーリーや、エディ・ゴメズ・トリオのピアニスト、ステファン・カールソンに師事。ダラス・シンフォニーのピアニスト、スティーブン・ハルロスにクラシックを師事。
学校外では、ダラスのシーンでクラブ、フェスティバル、クリニック、レコーディング・セッション、テレビ出演など多方面で活躍し、定評を得る。テキサスのヒーロー達、マーシェル・アイバリー(ts)、アンディ・ティモンズ(g)、バーナード・ライト(keys)、エリカ・バドゥ・バンドのメンバーらとも共演を重ねる。
 
 
1998年~2000年 スイング・バンド、レイクウッド・ラッツにキーボーディストとして加入。"Swingin' in Love"の録音に参加、ロイヤル・クラウン・レビューやインディゴ・スイングのオープニング・アクトとして出演したり、テキサス、オクラホマ、コロラドなど各地をツアーする。
 
 
2001年 デューク・エリントン楽団のサキソフォニスト、シェリー・キャロルに気に入られ、共演を始めるようになる。デュオでイエロー・ジャケッツのオープニングを努める。
 
 
2002年 オーディションの結果全米より若手有望作曲家として選ばれ、ロサンゼルスにてヘンリー・マンシーニ学院に参加する。ヴィンス・メンドーサやボブ・ベルデンより作曲を学ぶ機会を得る。また、ハリウッドの映画音楽の録音に使われるソニー・スタジオにて自作のオーケストラ曲"A Hiroic Tale"の録音を経験。このときのエンジニアはなんとアル・シュミット(フランク・シナトラ等)。
 
 
2003年 アメリカのジャズ雑誌の主流、ダウン・ビート誌のStudent Awardsで、長編作曲部門の最優秀賞を得る。この賞は、かつてマリア・シュナイダーやヴィンス・メンドーサが学生時受けた賞であった。

シアトルのバレエ・カンパニー、Arc Danceより絵本作家ウル・デ・リコの"Rainbow Goblins"を題材にしたストーリー・バレエの作曲家に選ばれる。3月、シアトル大学での作品初公開にてライブ伴奏をする。
 
 
2004年 初のリーダー作、"Sharing"をリリースする。

 
2005年
 
シェリー・キャロルのカルテットのメンバーと1週間の日本ツアーをする。行く先々で大成功をおさめる。市原市民会館では1300人以上を動員する。
 
オーディションにより選ばれ、モントルー・ジャズ・フェスティバルのソロ・ピアノ・コンペティションのセミ・ファイナリストとして出演する。審査員はジョージ・デュークやジョー・サンプルなど。
 
  
2006年
二枚目リーダー作、バック・ウィズ・ザ・キャッツをリリースする。シェリー・キャロルのカルテットのメンバーと二度目の日本ツアー。尺八の達人ジョン・海山・ネプチューンとも共演する。

再度モントルー・ジャズ・フェスティバルのソロ・ピアノ・コンペティションに選出される。今回はファイナルまで進み、3位を獲得する。